メニュー
Infomation
■お知らせ
[スパム対策]コメントにURLを含めると自動的に削除されます。
■このサイトについて
一応残していますが、全時代の遺物。全ての情報は古く役に立ちません 連絡先:メールアドレス
■日記更新情報
RSSRSS|RSS(本文のみ)|lirs
実験&リサーチ
巡回先
製作環境
 

 



2004|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2011|01|
2014|05|08|
2017|07|
2018|03|
2020|08|10|

2008年03月19日(Wednesday) [長年日記]

_ [日記][コンピュータ] VAIO type 505 EXTREMEのHDD交換

VAIO type 505 EXTREMEのHDDを交換した。

X505は重量800グラム程度と、モバイルノートとして現在のものと比べてもかなり軽量。

しかもかなり薄いのでカバンに入れても邪魔にならず、本当に”ノート”のように持ち運べるのでけっこう重宝している。


このマシン、HDDは東芝の1.8インチのものを採用している。

1.8インチHDDというのはどうもユーザーにはありがたくない。

パフォーマンスが悪いのはもちろんのこと、I/Fの規格が安定していない。

X505の場合は東芝タイプのピンコネクタ(IDE)。

こんなの。


初期のiPodなんかもこれだが、最近のはZIFだったりLIFだったりする。

そしてただでさえ流通しにくい1.8インチHDDはあっという間に入手困難になってしまう。

現時点では既に東芝では生産終了。


一応サムスンのMCBOE32G8APR-0XAという同じI/Fを持ったSSDもあるので大きな改造なしにSSD化も可能。

(ただし厚みがあるのでSSDの筐体の一部をはずさないといけないらしい)

このSSDは32Gバイトで現在55,000円~60,000円くらいで販売されている模様。

ちょっとこの古いマシンに導入するには躊躇する値段。

しかもX505はメモリがオンボード512Mしか使えない。

Swapの利用は必須になると思われ、SSDはパフォーマンスで有利かもしれないが、書き込み回数の制限があるので僕としてはX505でSSDはちょっと怖いかなと思う。

フラッシュメモリはHDDに比べて書き換え可能回数が著しく小さく、何度も頻繁に書き込みを行うと寿命を迎えてしまう。

SSDをシステムに使うなら、RAMを潤沢に乗せてスワップを無効にしたほうが良いと思う。


となると結局対応HDDを探すしかない。

製品としては最大で40Gのものが存在し、型番はMK4007GAL

パフォーマンスを考えてもこれが最良で、後続機種はないが、こいつが特に入手性が悪い。

(もともと少ない)わずかな流通在庫を探すか東芝のミュージックプレーヤーgigabeatを破壊して中のHDDだけ使うかだが、どちらもやっぱり手に入りにくい。

これもI/Fの規格をコロコロと変更するせいなのだが・・・。

まったくもって規格問題というのはユーザーには迷惑な話。

全体からみれば仕方ないんだろうけど。


妥協策としてMK4006GALを入手した。

こちらは容量が30Gと寂しいが、まぁどうせ最大でも40Gなのでストレージとしてはもうあきらめるしかない。

モバイルノートとしてはそれでも問題ない。

このディスクももはやほとんど流通していないが、それでも10,000円程度の値段で購入することができた。

このディスクでも、元々内臓されているMK2004GALに比べるとだいぶパフォーマンスは良くなっているので容量が増える以外にもけっこう交換のメリットはある。

左がMK2004GAL、右がMK3006GAL。


あとはがんばってX505を分解する。

VAIOにしてはバラしやすいほうだと思う。

ただし特殊ドライバが必要。

こういうときやっぱりThinkPadはいいなと思う。

裏面のネジ隠し兼ゴム足を全てはずし、ネジもはずす。

いちいち違うネジが使われているので厳重に管理。


バッテリーをはずしてそこにあるネジも外し、ヒンジのところのカバーも取り外す。

これが一番取り外しにくかった。

こんな構造でツメがあるようなのでご参考に。。。

よくわからなかったので多少キズつけてしまった。


あとは簡単。パカっと変な力かけずにあけられる。

ソニーの回路技術はやっぱり高い。

右に基板がちょっと飛び出している部分がRAMっぽい。

なんとかRAMを足せないものかと思ったがこれみて断念した。

こんな密集してしかもBGAのチップなんてどうしようもないわ。


お目当てのHDDはここ。

フラットケーブルはコネクタからはずれる。

USBコネクタは1本のネジでとまっているのではずす。


あとはHDDを交換してOSを入れなおすだけ。

注意点としては、純正以外の外付けCD-ROMドライブから起動できないことかな・・・・。

(これが実はすごい障害でOSのインストールは苦労する)


HDD交換後にWindowsXPをインストールしてみたが、交換前に比べてそこそこ快適になった気がする。

よしよし。

本日のコメント(全4件) [コメントを投稿]
§ kazatachi (2008年03月23日(Sunday) 21:52)

おぉ、例の極薄ノートのHDD交換したんだね。やっぱりHDDは定期的に交換だぜ!会社のもこっそり交換済みw。今年後半にはR5を換装せねば。分解大変なのはブルーだ

§ Suika (2008年03月26日(Wednesday) 08:21)

VAIOはたまに封印シールまで貼ってあることありますからねえ・・・・今はないのかなぁ。。

§ tororo (2008年12月21日(Sunday) 15:14)

御邪魔します。X505を長年ネットブックとして使ってきましたが、さすがに20GBでは手狭になってきて換装を検討してましたが、なかなか難儀なIFで制限が多く困っています。<br><br>SSD 64GBで安価なものが出てきてますが、今ひとつ突撃する勇気もなく、HDDで思い物色中ですが、TOSHIBA MK8025GAL あたりはNGでしょうか?  規格を明確に把握できず、5mm厚ばかり気にするのみとなってます。ZIF-LIF変換なるブツも出てますが、X505のボディに納まるわけもなく...。<br><br>もし、助言いただけるのでありましたら、宜しく御願い致します。

§ Suika (2008年12月21日(Sunday) 18:36)

tororoさん、はじめまして。<br>MK8025GALですが、コネクタ形状がLIFじゃないでしょうか?<br>となると、かなり困難かと思います。<br>IDEピンコネクタのものは最近全く新製品が出ていないようですね。


最近のコメント

364,000 at 2008.06.14
Copyright (c) Suika KNOnline.NET