メニュー
Infomation
■お知らせ
[スパム対策]コメントにURLを含めると自動的に削除されます。
■このサイトについて
一応残していますが、全時代の遺物。全ての情報は古く役に立ちません 連絡先:メールアドレス
■日記更新情報
RSSRSS|RSS(本文のみ)|lirs
実験&リサーチ
巡回先
製作環境
 

 



2004|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2011|01|
2014|05|08|
2017|07|

2006年05月02日(Tuesday)

_ 枕崎→稚内 移動中

枕崎→稚内 の電車旅行中です!!

すべて日本海側を通って、現在地は青森県青森市。

ずいぶん来ました、ゴール目前まであと少しであります。

思ったより鉄道での移動って大変なんですね・・。昔の人はこんな苦労してたのか。

全体のまとめは移動中はとても無理そうなので、ゴールしてからやります。

とりあえず旅行中に通った場所の一部をご紹介。

_ ~山陰本線~ 餘部橋梁

餘部橋梁は山陰本線の鎧駅~餘部駅間にある明治時代に作られた鉄橋です。

構造が美しく、まわりの景観も良いので観光に人気のスポットらしいです。

この橋は今年にコンクリート橋への架け替えが予定されているので、訪れておきたかったポイントであります。

(1986年に強風にあおられて鉄橋から列車が転落するという大事故があり、JRは兼ねてより風の影響を受けにくいコンクリート橋への架け替えを計画していたそうです)

↓手前の浜坂駅に色々張ってあった


今回は外からは見れないので(そんな時間はない)、列車の窓から。

今回逃したら次にはもう橋がないでしょうが・・。

この日は天候も良く、海がキレイ。

トンネルを抜けると餘部橋梁を通過します。


うええ、高いのもすごいけど下が普通に民家なのが不思議。

あっという間に通過。

なんか海で泳ぎたくなった。

南国の海はキレイですね。

実際こんな所で泳いだら足とか血だらけでしょうけど(岩だらけっぽいし)

本日のコメント(全1件) [コメントを投稿]

§ Klvuqtcn [Thus, consumers need to pay back the really love them some..]


2010年05月02日(Sunday)

_ [ComicGlass] 裏話と今後について

iPhone用コミックビューアComicGlassですが、多くの方にダウンロードいただけているようで嬉しい限りです。

バージョン1.0を公開した当時は宣伝してないこともあってほとんどダウンロードされなかったのでもう止めようかと思いました。


iPhone用コミックビューアではiComicというアプリが定番なようですね。

実は開発を始めるときには存在を知りませんでした。(というか全く調べなかった)

自分は普通に写真としてiPhoneに転送して読んでて見づらい→専用アプリ作ろうという流れでした。

知ってたら開発はしなかったと思いますが、いつもの計画性の無さのなせる業です・・・。


既に在るならもう止めようかなぁとも思ったのですが、そこそこ自分では使いやすくなってきていたので公開まで進めることにしました。

現在はまだ何かと発展途上ですが、少しづつ完成度を高めて行きたいと思います。

そのためにはユーザーのみなさんのご要望が一番役立ちます。


けっこうバグがまだ多く、それの対応に全力だったのですが、その次に注力するのは画質問題ですね。

快適なページ送りと品質だけは理論的最良値にもって行きたいものです。

画質については、最後の縮小をiPhoneOSのUIScrollViewに任せているため速いけど少しボケるのだと思われます。

ズーム後に再計算して再描写すればよいと思うのでやってみます。


あとページ送りがもたつくという感想を貰ってます。

なんだろう? と思っていたのですが、どうやらタップ移動のときに一瞬遅れるということなのではないかと。

実はこれ、ダブルタップを判定するために敢えて待ち時間があるのが原因です。

画面の端ではダブルタップ無効にしてすぐにシングルタップとして判断するようにしたほうが良いのかも・・・。


もうひとつの構想はスキャンした小説ビューアとしての機能です。

全部表示するとギリギリ読めないくらいの字のつぶれ具合なので、行を画像認識して自動的に折り返しをつける機能を目玉として考えています。

iPhoneでも動く軽い画像認識アルゴリズムが出来るかどうかが鍵ですが、正直画像アルゴリズムよりもiPhoneのUI作るほうが面倒そうだったりします。


なお、ComicGlassを開発始めてたのは2ヶ月ほど前からです。

休日はあまり時間が取れないので平日仕事して子供寝かせた後の1~2時間の細切れ時間で開発してます。あとは電車の中。

その割りにはけっこう早く形になったんじゃね? とか自画自賛しながら今後も進めて参ります。

(最初のころはもう少しまとめて開発しましたが)


まだできたてほやほやなので今後にご期待ください。

ハードウエアの制約の中で可能な限りの完成度を目指して。

(目指すだけなら簡単だぜー)

本日のコメント(全5件) [コメントを投稿]

§ ひかりん [iPhone用なので検証できません。 時代はやはり携帯電話(SB)なんでしょうか・・・。]

§ Suika [SBではないと思いますが、Appleなのかも? まあ流行病みたいなもんですよ。]

§ ひかりん [そろそろPHSから携帯に買い換えるか。やっぱりiPhoneがいろいろと遊べていいのかな?]

§ ひかりん [iPhone4ゲットしたのでさっそく使ってみました! 今のところ不満はないです。スタートアップガイドがめちゃめちゃ綺..]

§ Suika [おー、うらやましいです。]


最近のコメント

364,000 at 2008.06.14
Copyright (c) Suika KNOnline.NET